洗っても洗っても臭っさい足

ブーツもかなりの蒸れ率だけど、夏場サンダルを履いていても汗でニオイが
気になりますよね。

ちゃんと洗ってるのに何故嫌な臭いが取れないの?という人は、
イソ吉草酸が原因かも!

これは普通に洗ってるだけでは落ちにくく、古い角質や爪の中にも潜んで
いるため隅々まで丁寧にケアしないといつまでもプーンと嫌な臭いが残って
しまうようなのです。

納豆食べてないのに納豆の臭いを感じるなら、とりあえず足の裏を疑うべし!

爪は短く切っておくこと、週1,2回など定期的に角質のケアができる
アイテムを使ってお手入れするのが大事。

また、同じ靴は連続して履かない、職場では内履きにするなど工夫が必須。

消臭スプレーの方法もありますが、場所を選ばずどこでもというわけには
いかないのと、やはり臭いは誤魔化しが効かない分効果としては弱め。

お手軽なケアの仕方としてはお湯を張った洗面器にお酢と重曹を小さじ1
混ぜ入れて10分程度つけおき。

頭を洗ってる間に実践すればラクに続けられると思うので、ニオイがなくなる
まで毎日やってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください